LibreOfficeはPDFエクスポートで色を取り戻します




LibreOfficeはPDFエクスポートで色を取り戻します

OpenOffice [1]がLibreOffice‌ [2]に移動して以来、Sun MicrosystemsがOracleに買収したことによる直接の結果[3]、名前の変更を除いて、いくつかの違いが感じられるかもしれません。

OpenOffice.org - 自由でオープンな生産性スイート
LibreOffice、無料およびオープンソースの生産性スイート
OracleとSun

そのうちの1つ、私のLibreOfficeバージョン(実際には3.3.3)は、私に特に影響を与えました。私のPDFエクスポートは、体系的に白黒でした。

たとえば、色付きのタイトルをいくつか含むLibreOffice‌ Writerドキュメント(図1)で作業しているときに、バージョン変更前と同じオプション(図2)を使用したPDFエクスポートは白黒PDF(図3)としてエクスポートされました。 。

私があなたに提案する簡単な解決策は、あなたの印刷オプションを調べることです(Ctrl + P)。印刷画面に入ったら、LibreOffice‌ Writerタブを開き、「Print text in black」オプションのチェックを外します(図4)。キャンセルで十分です、印刷を開始する必要はありません。

ファイルをPDFで再エクスポートすると、色が戻ってきます(図5)。


私のコンピュータでは、LibreOfficeを起動するたびにこの操作を行わなければなりません[2]。このオプションは変更しても自動的にチェックされます。

LibreOffice:PDFとして直接エクスポート

LibreOfficeでは、PDFへの印刷はソフトウェアの標準機能であり、[ファイル]> [PDFとしてエクスポート]メニューからアクセスできます。

OpenOffice PDFエクスポートまたはLibreOffice‌ PDFエクスポートは、この組み込み関数を使用するだけで簡単に生成できます。指示に従うと、ほとんどの場合、標準のPDFエクスポート設定で十分です。



国際ビジネスコンサルティング
著者について - 国際ビジネスコンサルティング
ヨアンは国際ビジネスコンサルタント、ファシリテーター、コーディネーターです。彼は、世界30か国以上で、ロジスティクス、化粧品、消費財、美容ケア、ファッションなどのさまざまな業界のグローバルビジネス、サプライチェーン、財務、SAP ERPプロジェクト、WebおよびSEO最適化に10年以上携わってきました。 。
 


コメント (0)

コメントを残す