SalesForceでレポートを作成する方法

SalesForceでレポートを作成する方法

SalesForceでのレポート作成

SalesForceでレポートを作成することは、SalesForceからExcelやCSVなどにデータをエクスポートするための基本でもあるので、基本的で非常に重要な操作です。

レポートを作成するには、ナビゲーションバーのレポートメニューにアクセスします。まだ作成していない場合は、バーに追加する必要があります。

レポートが作成されたら、レポートエクスポート機能を使用してSalesForceレポートをExcelにエクスポートすることができます。

1 - 新しいSalesForceレポートを作成する

ナビゲーションバーのレポートオプションメニューを開いてレポート画面にアクセスすることから始めます。レポートメニューがナビゲーションバーで利用できない場合、隠されたメニュー項目を表示するためにさらなるオプションをクリックすることを試みるか、それがない場合はナビゲーションバーにレポートメニューを追加してください。

次に、レポートリストの上部メニューにある新しいレポートボタンをクリックします。レポートの選択基準によっては、リストが空になっている可能性があります。

あなたがそれをする必要がある場合に備えて、そこからSalesForce classicにボタンを作成するためのボタンもあります。

利用可能なすべてのレポートタイプ(アカウントと連絡先、商談、カスタマーサポートレポート、商品のある商談、連絡先の役割のある商談など)の中からレポートの種類を選択します。

作成するレポートの種類を選択したら、[続行]ボタンをクリックしてSalesForce Lightningレポートの作成を続行します。

2 - SalesForceレポートのカスタマイズ

SalesForce Lightningではデフォルトで標準レポートのみが作成されているため、レポートをカスタマイズする必要があります。

カスタマイズする方法はたくさんあります。列の追加や削除、データのフィルタ処理、特定の列によるデータの並べ替えなどです。

レポートをカスタマイズするためのオプションは左側にあります。

たとえば、画面の左側のアウトラインフィールドから画面のメイン部分のレポートに列名をドラッグアンドドロップすると、その列がレポートに追加されます。

削除するには、列名の横にある×印をクリックします。

列見出し名の横にある矢印をクリックすると、さらに多くのオプションが利用可能になります。

「ソードの昇順」オプションを選択すると、現在の列のレポート全体が昇順で昇順に並べ替えられます。

降順ソートオプションでは逆になり、すべてのレポート行はその列に基づいて最高値から最低値までソートされます。

このフィールドオプションで行をグループ化すると、その列に似た値を持つレポート内のすべての行がグループ化されます。これはExcelのマージセルと同じです。

SalesForce Lightningレポートを最適な形にカスタマイズするために、列を左または右に移動することもできます。

最後に、列を削除するオプションがあります。その場合は失われません。単にSalesForceレポートから削除されますが、左側のメニューから列名をドラッグアンドドロップすることでいつでも元に戻すことができます。

最後に、左側のナビゲーションバーの真下、レポート名の横にある鉛筆をクリックしてレポート名を変更することができます。

後で簡単に見つけられるように、また同僚にわかりやすくするために、レポートの説明に最も適したレポート名を入力します。

3 - SalesForceレポートを保存する

SalesForce Lightningレポートを作成してカスタマイズしたら、ナビゲーションバーの下および画面の右側にある上部メニューの[保存]オプションを使用して保存することを忘れないでください。

後でアクセスしたくないが、単にテストしたりデータにすばやくアクセスしたりする場合に備えて、レポートを保存せずに実行する方法もあります。

ただし、最も一般的なオプションは、保存して実行することです。これにより、レポートがアクセス可能なレポートのリストに保存され、レポート結果が画面に表示されます。

変更する最後の機会であるため、保存フォームはレポートの名前の確認をもう一度求めます。

さらに、固有のレポート名が要求されます。この一意のレポート名は、他のユーザーによって作成されたユーザーで、アクセス権のないユーザーであっても、システムに存在してはいけません。これは一意のレポートハンドラコードとなり、一意である必要があります。

保存する前に、特に月末の顧客レポートなど、レポートが非常に特殊なビジネスケースに対応している場合は、必要に応じて長い説明を入力してください。

4 - SalesForceレポートのエクスポート

レポートが保存されると、[保存して実行]ボタンをクリックすると、レポートが保存されたことを示すメッセージとともにレポートデータが画面に表示されます。

このポップアップは数秒後に消えます。

画面右側のSalesForce Lightningレポートの上部に編集メニューが表示され、追加のオプションが提供されます。

編集メニューの横にある矢印をクリックすると、追加のオプションが利用可能になります。

SalesForce Classicオプションで編集すると、SalesForce CLassicインターフェースで編集用のレポートが開きます。

[名前を付けて保存]オプションを選択すると、レポートが他の名前で保存され、コピーが作成されます。

保存オプションは、編集モードで行われたレポートの変更を保存します。

サブスクリプションオプションを使用すると、レポートが変更されたときに通知を受け取ることができます。

削除オプションを使用すると、データベースからレポートを削除できますが、削除する前に、他のユーザーがそのレポートを必要としていないことを確認してください。

[ダッシュボードに追加]オプションを選択すると、そのレポートが個人ユーザーのダッシュボードに追加されます。

そして最後に、最も重要なオプションであるSalesForce Lightningデータエクスポートオプションが利用可能です。これにより、Excelまたは他の方法でレポートからデータをエクスポートできます。

詳細については、SalesForceからExcelにデータをエクスポートする方法に関する詳細なガイドを参照してください。

SalesForceからExcelにデータをエクスポートする方法

SalesForceでレポートを作成する

SalesForceでレポートを作成するのは、ナビゲーションレポートメニューにアクセスできることを考えると、非常に簡単な操作です。

レポートを作成できた場合はコメントでお知らせください。SalesForceLightningレポートの作成中またはデータのエクスポート中に問題が発生した場合は、躊躇しないでください。

類似の記事

コメント (0)

コメントを残す