DirectAdmin:ユーザーとウェブサイトの作成



DirectAdminをユーザーとして使用する:Webサイトを作成する

ユーザーアクセスレベルとしてDirectAdminインターフェイスに入ると、Webサイト管理に関連するすべての操作にアクセスできます。最初に実行するのは、Webサイトファイルを追加する前にサーバーにドメイン名を追加し、phpMyAdminでデータベースをセットアップし、ドメイン名レジストラのDNSレコードをCloudVPSサーバーまたはその他の専用ソリューションにポイントすることです。

DirectAdminでWebサイトを作成し、WordPressをインストールする手順

  1. DirectAdminにドメインを追加します
  2. ウェブサイトファイルをアップロードする
  3. DNSレコードを設定する
  4. データベースを作成してアクセスします
  5. DirectAdminにWordpressをインストールする
  6. 次のステップ

DirectAdmin:ドメインを追加する方法は?

ドメインの追加は、入力するのが簡単なフォームであるため、可能な限り最も簡単なタスクです。

ドメインがバンドウィッチまたはディスクスペース全体を消費したくない場合は、それらを特定の値に直接制限できますが、デフォルトでは、オプションは無限大に設定されます。つまり、サーバーリソース全体を使用できます。

最初のドメインが追加されると、インターフェースの上部にあるドメイン名のドロップダウンリストからアクセスできるようになります。

ウェブサイトファイルをアップロードする

ドメインがアカウントに追加されたので、ファイルフォルダがファイルシステム上に自動的に作成されます。

FileZillaなどのFTPブラウザーを使用して、DirectAdminユーザーとパスワードを使用してサーバーIPへの新しいFTP接続を作成し、Webサイトのファイルシステムにアクセスします。

次に、ローカルコンピューターからWebサイトファイルに移動し、リモートサーバーからpublic_htmlの下に作成されたWebサイトのフォルダーに移動し、そこからpublic_htmlフォルダーに再度アクセスします。

今、あなたのウェブサイトのすべてのファイルをアップロードしてください、そしてそれはそれをするはずです-あなたの最初のファイルはオンラインです!

ユーザーのメインWebフォルダーの下にWebサイトにアクセスできます。最初に構成されるメインWebサイトが、以降のすべてのWebサイトのルートフォルダーになります。

DirectAdminはブラウザでpublic_htmlにアクセスします:SERVERIP / 〜USERNAME / WEBSITE.html

Google Chromeなどのウェブブラウザに正しいアドレスを入力し、Cloud VPSアドレスの値SERVERIPと、別のユーザーを作成していない場合は管理者のUSERNAME値を変更し、専用にアップロードしたファイルにアクセスするだけです。サーバ。

DNSレコードを設定する

これで、Webサーバーは、ドメイン名で呼び出されたWebサイトがあり、誰かがそのWebサイトからページを提供するように要求した場合、それらはFTP経由でアクセスしたフォルダーにあることを認識します。

しかし、それについてはまだ誰も知りません!ドメイン名はCloudVPSホスト以外の別のドメイン名レジストラに登録されている可能性が高いため、そのWebインターフェイスにアクセスして、Webサイトを別のWebサイトにリダイレクトする必要があります。DNS構成を介して、Webサイトレジストラにドメイン名を伝えます専用サーバーのサーバーです。

この場合、ドメインはNameCheapに登録されていますが、Interserverでホストされているため、DNSレコード@とwwwを専用サーバー用に取得した専用IPに更新し、変更を保存する必要があります。

これで、誰かがドメイン名を要求すると、最初の連絡先であるレジストラは、ドメインのアドレスが実際には別の場所にあることを知ることができます。

レジストラとホストの間にあるインターネット上のすべての人と、その変更を認識してリクエスターに通知できるアドレスディレクトリの場合、最大24時間かかる場合があります。したがって、ドメイン名にアクセスするときに今のところ表示されるのがエラーメッセージだけであっても、驚かないでください。これは、すべてのマップとディレクトリがその変更を認識して適切にリダイレクトするのに少し時間がかかるためです。

ただし、それでもWebサイトの設定を妨げるものではなく、ドメイン名ではなくサーバーIPを使用してアクセスするだけです。

データベースを作成してアクセスします

最初は、データベースもユーザーも作成されません。したがって、最初のステップは、ユーザーとしてMySQL管理画面に移動し、そこで[データベースの作成]をクリックすることです。

データベース名を選択し、同じ名前を使用したくない場合は最終的にデータベースユーザー名を選択します。

これで、[データベースの作成]ボタンをクリックするだけで、インターフェイスにデータベースの詳細が記載された成功メッセージが表示されます。

これで、phpMyAdminにログオンし、データベースを既に準備している場合はphpMyAdminにデータのインポートを開始するか、既存のデータベースに新しいテーブルを作成することができます。

DirectAdminにWordpressをインストールする

DirectAdmin専用サーバーへのWordpressのインストールは、FTP経由でWebサイトにファイルを転送したり、phpMyAdminデータベースにアクセスしたりできるようになったため、思ったよりも簡単です。

基本的に、あなたがしなければならないのは、以下のステップを経ることによって、WordPressウェブサイトを新しいドメインに移動するためのステップに従うことです。

DirectAdminにWordPressをインストールする方法

これですべてです。WordPressWebサイトは、WebサーバーのルートHTMLフォルダーにアップロードするファイルアーカイブと、phpMyAdminインターフェイスで実行するデータベーススクリプトであるため、すぐに稼働するはずです。

次のステップ

DirectAdminインストールで最初のWebサイトが稼働しているので、必要なのは専用Webサーバーを楽しんで、必要に応じて新しいサイトを追加することだけです。

さらに進んで新しいサーバーで特定のサーバー操作を実行する必要がある場合は、Linuxでアクセスする場合はPutty SSHクライアント、または対応するオペレーティングシステムでWindowsSSHクライアントを使用することを検討してください。





類似の記事

BluehostからSquarespace、Gandi、または別のレジストラにドメインを簡単に移管:写真付きの16ステップ

BluehostからSquarespace、Gandi、または別のレジストラにドメインを簡単に移管:写真付きの16ステップ

Bluehostとの契約を終了するためにBluehostからGandi.netレジストラおよびInterserverホスティングにドメインを移管しようとしていたので、非常にスムーズに進みました。このガイドは、BlueHostからSquarespaceまたは他のレジストラにドメインを移管するのに実際に役立ちます。 。


コメント (0)

コメントを残す