良いブログ記事を書いてトラフィックを増やす方法は?



ブログに商業的な偏見がない場合でも、自由形式の記事を書くことはお勧めできません。自分だけでなく一般の人にも読んでもらいたい場合は、いくつかの不文律に従う必要があります。この良い記事では、ブログに良い記事を書く方法について説明します。

これらのヒントは、検索エンジンによるサイトのランク付けに役立つより質の高いコンテンツを取得することでオンラインでお金を稼ぐだけでなく、より多くのアフィリエイトマーケティングリンクを挿入できるようになるため、ウェブサイトを収益化するのにも役立ちます。あなたが作成する素晴らしいコンテンツへのパッシブ稼ぎの追加の。

ただし、それを行う前に、優れたコンテンツの作成に集中する必要があります。その目的を達成するためのいくつかのヒントを以下に示します。

構造(スケルトン)

外国語学習の基礎が文法であるように。記事を書くための基礎も構造です。ブログの記事を書くことは他の文学出版物とは少し異なるので、構造はマーケティングのルールに従って機能するはずです。読者(消費者)の視点から記事執筆に取り組みます。

導入部。

問題を特定します。ターゲットオーディエンスの代わりに自分を置き、この記事で彼らに答えたい質問をします。プロローグは大きすぎてはいけません。それにもかかわらず、それは記事全体でほとんど最も重要です。この段階での主なタスクは、読者を惹きつけること、興味を引くことです。彼にさらに読みたいと思わせる。紹介部分はあなたの記事の一種の広告です。

本編。

これは実際、あなたの記事です。できるだけ読みやすくする必要があります。開始するには、計画を立てます。字幕について考えてください。各小見出しの下に2つまたは3つのパラグラフしかなく、1つのパラグラフが4〜5行を超えないようにしてください。主なものを強調表示します。短い文章を書く。あなたの記事は物語のように見えるべきではなく、よく構成された大要です。

結論

導入部では問題を特定し、主要部ではそれを明らかにし、解決策を説明しました。次に、いくつかの文章で書かれたすべてを要約し、読者に行動を促す必要があります。

コンテンツ

  • ターゲットオーディエンスが誰であるかを決定します。主要な部分を書くとき、これを覚えておいてください。
  • トピックを決定します。何に興味があるかではなく、まず第一に、対象読者が何に興味を持つかに焦点を当ててください。
  • 主要部分は、序論で尋ねられた質問に答えるべきです。各段落で、読者に何を伝えたいのか、どのような目的でこれまたはその情報を書き込むのかを思い出してください。
  • 簡単に書いてください。書くのが簡単すぎるように思えるなら、もっと簡単に書けます。インターネットには情報が多すぎるので、簡単な言語で複雑なトピックを書くことさえできれば、読者は他のリソースでよりアクセスしやすい情報を探すために去ります。
  • あなたが書いたことの専門家であるかどうか、または選択したトピックについて何も知らないかどうかに関係なく、検索エンジンを開きます。 Googleにあなたが書いたトピックを入力し、検索で得られた最初の10件の記事を開きます。それぞれを読んで、興味深いと思う主なポイントを自分でハイライトしてください。これはあなたのアイデアを完全に補完するものであり、SEOを最適化するための外部リンクの検索に役立ちます。
重要!!!

盗用を避けます。コピーと貼り付け機能は必要ありません。これが1文だけの場合でも、言い換えるか、少なくともいくつかの単語を置き換えてください。例外は引用です。ただし、この場合は、引用符を付けることを忘れずに、引用または出典の作成者へのリンクを示してください。

その他のヒント

  • アブストラクトの原則を思い出し、できるだけ多くの小見出しを使用して記事を書くようにしてください。それらにしがみつくようにしてください。
  • 箇条書きまたは番号付きのリストをたくさん作成します。 「first」、「second」の構成を使用することもできます。人々は単にリストが大好きです!さらに、これにより、非常に大きなテキストでも読みやすくなります。
  • 重要なフレーズを強調表示します。太字または大文字のロックを使用できます。
  • 最後に、必ずスペルをチェックしてください。文法の誤りは、最も有用なコンテンツでさえ印象を失わせる可能性があるためです。
  • テキストの一意性をチェックすることは不必要ではありません。たとえば、text.ruサイトでは、記事の独自性をパーセンテージで無料で調べることができます。さらに、サービスはデフォルトでテキストの「water」をチェックしてスペルをチェックし、SEOコンポーネントを分析します。

SEOテキスト適応

記事への最大量のトラフィックを取得するには、テキストの最適化を行う必要があります。

  • 最適な記事のサイズには、900〜1300語を含める必要があります。
  • 約5枚の画像を追加して、テキストを多様化します。追加する写真ごとにALT値を書き込むことを忘れないでください。そこに写真で示されているものを入力してください。記事のキーフレーズを使用してみてください。
  • キーフレーズは、タイトル、記事の最初の段落、および少なくとも5回表示する必要があります。
  • (他のサイトへの)外部リンクと(ブログの他の記事への)内部リンクを追加します。少なくとも5つあることが望ましい。そして優先順位は正確に外部リンクです。

良い記事を書く方法を学ぶ最良の方法は、できるだけ多く書くことです!

すぐに完璧な記事を書こうとしないでください。それがどうなるかを書いてください。その過程で、変更または削除するものについてのアイデアを自動的に受け取ります。傑作を終えたら、昼食や散歩のために休憩します。しばらくして、読者の視点から書いた内容をもう一度読んでください。新鮮な心で、テキストの最終調整を行うのが簡単になります。

それぞれの新しい記事では、あなたのライティングスキルが飛躍的に成長することに気づくでしょう。ブログを書くために特別な才能を持っている必要はありません。誰でも書くことができます-誰もが言いたいことがある!しかし、最高は最も頑固です。

オンラインでテキストの一意性をチェックする、一意性をチェックするための効果的なアルゴリズム

オンラインコンテンツのライターを取得する際の質問と回答

どうやって作家を惹きつけますか?
If you want to attract a good freelancer writer then you must first of all offer a good compensation. For example have a look at our rates to  コンテンツライターを雇う‌  and get amazing content on your website.
無料のライターを見つけるにはどうすればよいですか?
無料のライターを見つけるには、たとえば、Google検索を使用したり、個人的および専門的なネットワーク内で、特定のFacebookグループのゲストポストライターを確認する必要があります。
ゲストブロガーを見つけるにはどうすればよいですか?
ゲストブロガーを見つける最良の方法は、ゲスト投稿サービスを提供しているウェブサイトを調べることです。
良いコンテンツライターをどうやって見つけますか?
The best way to  コンテンツライターを雇う‌  that will give entire satisfaction, is to make sure that the writer has his own content project online, such as his own website, and that he is able to provide work examples published on other websites.
コンテンツライターをどのように管理しますか?
A typical content writer is a digital nomad that works at his own pace, and the best way to manage them is to let them have as much flexibility as possible, not only because that is their way of life, but mostly due to the fact that they know best how to get creative, and creativity is what you will most likely be looking for when you  コンテンツライターを雇う‌  and want a great result.

適切なコンテンツライターを見つけましたか?自分で1人になりましたか?それとも、オンライン出版に適した記事を書く方法について他に質問がありますか?コメントでお知らせください。

Sasha Firs
あなたの現実と個人の成長の管理についてのサーシャ・ファーズのブログ

Sasha Firsは、物質的な世界から微妙な世界まで、個人の成長についてブログを書いています。彼女は自分を過去と現在の経験を共有する上級学習者として位置づけています。彼女は他の人々が自分の現実を管理し、目標や欲望を達成することを学ぶのを助けます。
 






コメント (0)

コメントを残す